スポット型投資信託とは?

スポット型投資信託というのは最初の1回だけ募集販売されるのですが、その後は追加で購入することができない投資信託のことをいいます。

通常の投資信託の形では、募集販売された後も、また追加で購入できるというのが一般的なことですが、このスポット型投資信託の場合には追加投資することができないという特徴がありますから注意が必要です。

言葉をかえて単位型投資信託といった名前で呼ばれていることもあります。

投資家が今必要としていることは何か、ニーズに合わせて動きをみることができますし、マーケットの環境に応じて、タイムリーに、その都度臨機応変に、スポット的に設定するような投資信託の方法ですから、スポット型投資信託という名前が付けられています。

単位型投資信託の種類の一つでもありますが、そもそも単位型投資信託というのは、最初に一度設定されれば、償還まで新しい資金が追加されない投資信託のことをいいます。

投資家は最初募集期間中に購入して、投資信託が一度設定された後は追加購入することができないという仕組みです。

単位型投資信託は、同じ投資の目的で毎月募集されて設定されるという定期定型投資信託と、投資家のニーズに合わせてタイミングを見て、設定が行われている先、今紹介しているスポット型投資信託に分かれているのが特徴です。

追加できない投資信託、それが単位型投資信託であり、その中の種類の一つにスポット型投資信託があります。

ページのトップへ戻る