飲食系の求人情報

本格的な高級レストランからファミリーレストラン、ファーストフード、喫茶店、コーヒーショップ、宅配食品チェーンなど飲食系と言ってもひじょうに幅が広いのがこの業界の特徴ですが、インターネットの求人広告や求人雑誌などを見てもわかるように、常に一定の求人数は存在しています。

つまり選り好みさえしなければ、年間を通じてある程度の求人数が必ずあるという稀な業界の1つなのです。

とは言え、最近特に躍進目覚ましい外食業界では大学新卒とまでは言わないものの、20代を中心とした年代層に募集が集中しています。

これは職務内容がかなり肉体を酷使するものが多いことや、新鮮な食材や食事のイメージ訴求に、若い世代の従業員が一役買っているという背景もあるのでしょうが、当然のことながら選り好みをすればするほど求人数は必要数を満たすことが難しくなってしまいます。

こうしたことに加えて団塊世代の大量退職などもあり、高齢者の労働力を飲食系においてもより積極的に押し進めなければならない曲がり角に来ているのは事実でしょう。

すでに流通系の求人状況がこのような高齢者に対する門戸を開放しつつある状況を横目で見つつ、飲食系の経営者たちはこのことの重要性を肌で感じ始めているのではないでしょうか。

飲食系の求人状況をつぶさに見ていると、すでにこのような状況を鑑み、ホールを中心とする表舞台には若年層を、また厨房などの裏方にはより内情に詳しい層を雇用するといった求人例が多く見られます。

ページのトップへ戻る