ルテインの効果って?

ルテインは、目の機能を高めるサプリメントの主成分として有名な物質です。

ルテインはカロテノイドの一種であり、強力な抗酸化成分としての作用が、主に紫外線によって目の中に発生した活性酸素を分解することで効果を発揮します。

さらに、近年の研究によって美容に関する効果が新たに判明しており、加齢で減少したルテインを補うことで、肌・子宮・乳房など、女性の若さと健康を保つ効果が期待できます。

人間の体内においては、ルテインは網膜に多く存在し、眼の水晶体と黄斑部をバリアーする機能を担っています。

そのため、ルテインの量が少なくなると、白内障・加齢性黄斑変性症(AMD)といった眼病を招く事例も報告されています。

ルテインを補うことで、そうした病変を予防し、黄班部・水晶体・角膜などを紫外線から守る効果も期待できるといわれています。

近年の研究により、目にダメージを与えるのは紫外線などに限らず、人工の光(照明、テレビ、コンピューターモニターなど)の中に多く含まれる青い光も有害であることが分かっています。

デスクワークを行なう人にとっては大きな問題であり、やはりルテインを補うことで日常的に目のケアを行なうことが望まれます。

紫外線がもたらす細胞の酸化は、目にとどまらず肌にも害を及ぼします。

ルテインは日焼け止めで防ぐことのできない青色光に効果を発揮し、肌の老化を予防する働きがあります。

生活習慣が乱れていると目と肌に変調をきたしやすいので、ルテインの摂取による日常的な予防をおすすめします。

ページのトップへ戻る