洗顔石鹸の選び方

洗顔せっけんを選ぶときの基準はいくつかあります。

1つ目は、泡立ちがいいかどうかです。

これはとっても大切です。

なぜかというと、泡立ちがいいと、きめが細かくなって、肌の微妙なすきままで入り込み、汚れを落とせるからです。

あまり泡だてられない石鹸だと、お肌をキレイにすることはできません。

また、汚れを落としたいからとゴシゴシこするのもいけません。

ゴシゴシこすると、逆にお肌を傷めてしまうことになるからです。

泡立ちがよくないと、肌に手が触れて強くこすってしまいがちなので、なるべく泡だてる方がいいでしょう。

そのためにも泡立ちのいい石鹸を選びます。

そしてたっぷりの泡を、肌の上に乗せるようにしてなじませ、洗い流します。

2つ目は、お肌への刺激が少ない、植物性の成分を使っているかどうかです。

合成成分の入った洗顔石鹸はお肌への刺激が強く、敏感肌の人は特に、肌トラブルを引き起こしまうので、お肌に優しい植物性を選びます。

洗浄力が強い成分がいいのかというと、そうでもありません。

あまり洗浄力が強力だと、肌に必要なうるおいまで洗い流してしまうからです。

どちらにしても洗顔後は肌が乾燥するので、保湿は絶対必要です。

3つ目は、美容成分が配合されているかどうかです。

洗顔後は保湿が絶対必要だと書きましたが、洗顔石鹸自体に保湿成分が入っていればなおいいです。

また、お風呂タイムは体が温まって成分を吸収しやすくなるので、スキンケアの絶好の機会と見ることもできます。

保湿のほかに、美白など美容成分が入っている石鹸を選んでもいいでしょう。

ページのトップへ戻る