ワキガ治療を理解しよう

ワキガは食べ物などを改善することで、予防にもなりますが、かなりきついワキガになると、やはり外科的な手術などが必要な場合も出てきます。

手術までいかなくても、ワキガの治療などが必要なこともありますので、ワキガの予防、対策として、治療法や手術などを理解しておきましょう。

ワキガの手術や治療には、いろいろな方法があります。

クリニック、また医療機関等でその手術の名前なども違いますが、超音波による治療や皮下組織吸引法、さらには皮下組織除去法、切除法、電気凝固法、電気分解法、ボトックス注射などたくさんの方法があります。

最近プチワキガ対策として多くなっているのが、ボトックスによるワキガの治療です。

ボトックスはボツリヌス菌という菌を注入することで、筋肉の収縮をおさえることでアポクリン腺の働きを一時的に抑えるという治療です。

注射を行うだけで出来るので、永久的治療ではありませんが、人気のある方法です。

ほかに電気凝固法なども手術より大掛かりにならずできる治療として知られています。

最先端の治療は、超音波治療法は近年のワキガ治療において最新の治療となります。

超音波を利用してアポクリン腺や間接的に関わるエクリン線や皮脂線を破壊する方法です。

皮下組織吸引法は脂肪吸引法を利用したもので、ワキガ治療としてはメジャーな治療となります。

ワキガがかなりひどいという方、確実になくしたいという方は、切除法を選ぶこともあります。

脇の毛がはえている部分一帯の皮膚を汗腺ごと取り除くという方法になります。

ページのトップへ戻る